この度の台風21号および平成30年北海道胆振東部地震で被災された皆様ならびにご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

この度の台風21号および平成30年北海道胆振東部地震で被災された皆様ならびにご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

大変な状況でご苦労・ご心労も多いことと思いますが、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

近畿地方を襲った台風は、特に暴風による甚大な被害が発生しました。

ハマソー保険にも、連日多くの火災保険のご契約者様より被害の報告を頂いています。火災保険では、台風等の暴風雨による被害も補償対象となっています。

【例】

・暴風で自宅の屋根や瓦が吹き飛ばされた

・暴風で飛んできた物がぶつかって窓ガラスや外壁が壊れた

・暴風でベランダが破損した

屋根の瓦が一部破損していてもすぐに気付かなかったり、外壁なども小さな被害であればわからないケースもあるので皆様もご自宅をあらためてチェックして頂ければと思います。

保険契約の内容によっては、支払い対象外の場合もありますが、風災に限らず何らかの被害があったらまずはご連絡下さい。

また、お隣の屋根が飛んできて駐車場に停めてあったお車のガラスが割れてしまったご報告も頂いています。この事故は、自動車保険の車両保険にご加入頂いていれば保障されます。

お隣の屋根が原因なので、お隣の賠償責任では?と思われる方も多いようですが、原因が台風等の自然災害については自然の「不可抗力」によるものなので、お隣の方に法律上の賠償責任は発生しない可能性が高いです。

ご自身の火災保険や自動車保険で十分な備えをしておけば、このようなケースも安心です。

7日(金)にはまた、マーシャル諸島で発達中の熱帯低気圧が、台風22号になりました。また引き続き台風動向に注視し十分にお気を付け下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です